シンクキャリア THINK CAREER コンサルファームへの転職支援・コンサルタント卒業後のキャリア相談

全てのお問合わせはinfo@workstyle-labまで

コンサルタントと企業を結ぶ CONSULTANT SEARCHコンサルタントの起業支援 POSCON Venture Partners
プロ経営者ニュース News

ミクシィ朝倉祐介社長が就任1年で退任。黒字化で「再成長フェーズに移行した」。

ダイジェストメール(週1~月1回程度)が届く、プロ経営者ニュースメルマガ登録はこちらからメールアドレスを入力してください。


ミクシィは2月13日、朝倉祐介代表取締役社長が退任し、mixi事業本部長の森田仁基執行役員が代表取締役社長に昇格する人事を発表。

 

6月24日予定の定時株主総会を経て正式決定する。今期の業績が営業赤字予想から「モンスターストライク」のヒットなどで黒字化する見通しになり、「ミクシィグループは『事業再生フェーズ』から『再成長フェーズ』に移行する」として、トップを刷新するという。

 

朝倉社長は2011年にミクシィグループに入り、昨年6月に社長に就任したばかり。同社は昨年10月、2014年3月期の連結営業損益が10億円の赤字に転落する見通しを発表していたが、スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」のヒットなどにより、営業損益見通しを2億円の黒字へと上方修正した。「黒字化する見込みとなったことを受け、ミクシィグループが再成長フェーズに移行したと考え、代表取締役を交代することにした」という。朝倉氏は顧問に退き、取締役からも退任する。

 

昇格する森田氏はmixiアプリの立ち上げなどを経て13年1月から執行役員、同年11月からmixi事業本部長。モンスターストライクなどのスマートフォンアプリの創出と事業拡大を統括している。

プロフェッショナル人材・目指す方 求人情報へのお問い合わせ 人材を探す企業の方 人材に関するお問い合わせ